ほっこりとまったりと α(あるふぁ)

hzkの徒然なるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望・・・

最近読み終わった本の紹介です。『希望の国のエクソダス』 村上龍


“エクソダス”とは「脱出」という意味です。内容は80万人の日本中

の中学生が登校拒否をし、そして、彼らだけで独自のネットビジネスを

始めます。やがてそれは日本の経済を動かしてしまうまでに大きなもの

となり、彼らは北海道に独自の町を形成する・・・。というお話し。

ファンタジーとはいえ、やけにリアリティのある内容ですね。専門的な

経済用語が多くすこし読むのに時間がかかったけど・・・。なかでも印

象的だったのが、ASUNARO(中学生が立ち上げた組織名)の代表

者の中学生が国会で演説するシーンの最後の言葉。

『この国には何でもある。本当にいろいろなものがあります。だが、希

望だけがない。』


日本は今、どこに向かっているのか?そんな日本で生活している僕は

何を糧に生きているのか?この先日本は大丈夫なのか?このままで日

本は本当にいいのだろうか?もしも、この話しが現実に起こったとし

たら・・・!?僕はどうするのかなぁ・・・


                             おわり
20050428214440.jpg

スポンサーサイト

惨事

日本の鉄道は安全である。飛行機よりも自動車よりも安全である・・。

その神話が今日崩れた・・・。JR西日本福知山線。列車が脱線し前3

両がマンション1階に突っ込むという史上空前の大惨事。車体が浮い

た。映画みたいだった。地獄絵図・・・。死者50人を超えた。

普段からJRを使用している僕にとっても背筋が凍るような出来事だっ

た。電車が事故を起こすなんて・・・まして、それによって命を落とし

てしまうなんて・・・考えたことも無かった。事故の詳細はまだまだ謎

に包まれているため何ともいえないが、1つ思うことは危機感が足りな

かったのかもしれない。この事故においてだけではなく、普段の生活も

含めてのことである。自分はこんなことには巻き込まれない。こんなこ

とはめったにあることではない。起こったとしても自分には関係ないだ

ろう。自分が事故を起こすはずはない。ましてや死ぬことなど有り得な

い。日本は安全だ・・・。

僕の愛読書の1つである『ゴルゴ13』の「フィアレス」という話の中

でデューク東郷(ゴルゴ13)はこのように言っている・・・。

『死の恐怖・・・。恐怖だけが我々を危険から遠ざけてくれる。そうす

れば生き残っていくことができる・・・・・俺は・・・そうしてき

た・・・。』


常に惨事を想定して生きていたら人生は楽しいものではない。幸福を願

うし、そうありたいと願う。しかし、たまには一呼吸置いていろいろ

と、多方面から普段の生活を考え直す機会も必要だよね。そう考えさせ

られる事件だった。


P.S. 明日からはもっと明るい話題にしよ?っと!!


                         おわり

ファンタジスタ

baggio.jpg


これ今日衝動買いしちゃいました!!94年アメリカW杯アズーリ(イ

タリア代表)のレプリカユニフォームです!しかも10番 ロベルト・

バッジオ。決勝戦でPKを外した姿・・・思いだすなぁ・・・。

彼はまさに真のファンタジスタだと僕は思います。想像力に溢れたプレ

ー、状況判断。それをいとも簡単にこなしてしまうスキル。それに彼の

プレーには『優しさ』があるんですよね。今のサッカー界にファンタジ

スタはいないと言われてますよね。(個人的にはACミランのアンドレ

ア・ピルロはそうではないかと・・・)なんか悲しいなぁ・・・。バッ

ジオ本人も言ってたことですが今のサッカーは「生かす」(選手やスペ

ース)サッカーではなくて「潰す」サッカーになってるんですよね。こ

んな状況ではファンタジスタなど生まれるはずないと・・・。

ロベルト・バッジオのようなファンタジスタがまた生まれるといいな

ぁ・・・。

本屋日記

プロフにもありますが僕は本屋で働いています。家から徒歩5

分。自給は・・・・(カナリ少ない)。というわけで以外と知らな

い本屋の秘密。教えちゃいます。知ってる人も多そうでが・・・

本屋ではマンガのことを“コミック”といいますが、・・・まぁ

これは普通ですよね。・・・このコミックを包んでいるあのシャ

リシャリする袋。この袋は「シュリンク」といいます。普通のビ

ニール袋に詰めてある店もけっこうありますが一度くらいは見た

ことがあるはず!!静電気でコミックに貼り付いていてなかなか

にはがしにくいクシャクシャした“アレ”です。実はあの袋は1

冊1冊その本屋包んでいるんですよ。以外と知らなかったのでは

ないでしょうか?あの状態で店に来ると思ってた人は少なくない

はず!1冊1冊包むと言ってもあんなピッチリしてんのに手で包

めるわけないやんけ!!と思った人へ。タネ(というほどのもの

でもなが・・・)を明かしましょう。店によって方法は微妙に違

いますが、僕の店では、まず出版社から来た(厳密に言うとそう

ではないのですが・・・。これに関してはまたいつの日

か・・・)コミックを専用の袋(シュリンク)に詰めます。この袋

の大きさは、コミックを1センチほど大きくしたくらいで、様々

な大きさがあります。そして、シュリンクに包まれたコミックを

専用の機械に通します。この機械はシュリンカーといってコンベ

アつきのオーブントースターみたいなものを想像してください。

要は熱するんですね。熱されたシュリンクは縮こまってコミック

にピッタリと貼り付く。と、まぁこういうわけです。店によって

は朝早く行けばこの作業をお目にかかれるかもしれませんよ。早

起きのついでに近くの本屋に拠ってみて下さいな。



                         おわり

お引越し?

前にもブログやったタンですが、なかなか使いにくかったので心機一転お引越ししました?。がんばって最低でも2日にいっぺんは更新したいなぁ・・・

 | HOME | 

CALENDAR

« | 2005-04 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

hzk

hzk

滋賀県在住、京都に通う現在大学2回生。
趣味はサッカー観戦と歌。
バイト先は某書店。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。